2008年07月11日

アクセス

syoudosima.jpg
げんきのたね夢楽へ来ていただくにはまず小豆島に上陸してもらわなければなりません

本州からは姫路港から福田へ渡るか、
岡山港から土庄へ上陸するのが一般的な方法です
高松からもフェリーが出ていますので、
まずは姫路か岡山か高松までのルートを考えていただくことになると思います

港に着きましたら、橘峠というバス停まで来ていただければ、車で迎えにあがります
小豆島バス南廻り福田線などをご利用下さい
よく、「橘」や「橘新団地前」で降りてしまわれる方がいますが
「橘峠」ですのでお間違いなく
橘峠バス停は峠のてっぺんにありまして、携帯の電波は非常に入りづらくなっております
必ず、事前に連絡をするようにしてください

詳しくはホームページより、こういちマンモスまでお気軽にお尋ね下さい


今日のげんきのたね夢楽参加者&スタッフ人数
男 8名  女 6名    計 14名
年齢3〜60歳
posted by 結いまーる at 23:59| Comment(0) | げんきのたね夢楽とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

げんきのたね夢楽(むら)とは?

gentane.jpg
この世に、天国をつくりたい

死んでから天国へ行くことが幸せなのか
みんなが存在している今に天国を作れば幸せなんじゃないだろうか
そうだ、天国をつくっちゃおう!

思うだけでなく、実践して動ける場所を
自ら動いて、現実を変えていきたい人達を受け入れる場所を
無力ではない、確かな力が集うそんな場所を
そうやって、2006年1月から小豆島は坂手のSTEPというところから物語は始まりました


おかげさまで、沢山の方に支援していただき
途中、STEP村グリーンランドを経て
2008年四月より げんきのたね夢楽(むら) となって今に至ります

この「げんきのたね」には小豆島を日本のハッピーなサンプルにしたいという想いが込められています
ここに来た人が、げんきのたねを拾って持ち帰る
そうして、その種を植えて育っていけばあら不思議
日本中が、いや世界中だって元気とハッピーに包まれるんです


すべてはやるか やらないか あきらめるか あきらめないか


この世に天国を作るため
地球に笑顔を増やすため
出来る事から始めてみませんか?

げんきのたね夢楽には毎日、色々な人が来ます
そして、なにかしらの作業をしています
その共通の想いは動けばかわるということ
そして、できるだけ楽しんで喜びながら実行するということです


一緒に天国をつくりませんか?


今日のげんきのたね夢楽参加者&スタッフ人数
男 7名  女 4名    計 11名
年齢3〜60歳
posted by 結いまーる at 23:11| Comment(0) | げんきのたね夢楽とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。